NUROはなぜ速く、フレッツ光はなぜ遅いのか? なぜNURO以外の2Gbpsを取り扱う業者が出てこないのか?

競馬のサイトが最近遅いのでネット環境を増強してNUROにしました。
NUROでは上下共に200Mbpsは出ています。快適です。

ところで、NURO自体はNTTの光ファイバー網への相乗りだそうですが、なぜフレッツとの速度差があるのでしょう。
世界を股にかけるエンジニアとして気になったので調べてみました。

まず、サクッとググって出てきたのは

光ファイバー上での伝送
フレッツで使われる方式: GE-PON
NUROで使われる方式: G-PON
という差です。一見ゲーポンの方が強力そうに見えますが、伝送効率の点から見るとジーポンの方がはるかに高速のようです。
プロトコル的に言えば、前者はイーサフレームをそのまま流す、後者はGEMというフレームでカプセル化して伝送という違いがあります。後者は125usあたり38000byte程度の受信が可能で、前者はその半分程度、つまりスループットにして倍の性能差があります。

これを乱暴に例えて言うなれば、一通一通手紙をバカ正直に送るか、ある塊を箱詰めして送るか、というぐらいでしょうか。

また、さらにググるとライバルフレッツの自滅とも言える速度低下も影響していることがわかりました。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/110800954/?ST=spleaf
どうやらここが速度差の支配的な部分なように見えます。プロバイダの回線網に接続するための方式の違いによりここでも大きな差が出てしまっています。
フレッツで使われる方式: PPPoE
NUROで使われる方式: IPoE
ですが、PPP接続をするための終端装置が混雑して、回線はスッカスカなのに速度が出ていない様子。

これを乱暴に例えて言うなれば、高速道路はスッカスカ、NUROはETC搭載でスイスイだけど、フレッツは一つしかない現金用ゲートで大渋滞、というぐらいでしょうか。

こういう例えをするとNTTクソじゃね?と思いがちですが、むしろネット回線網の将来を読み切り先行投資したソネットを褒めるべきでしょう。ダイヤルアップの時代からのインフラを支え、互換を保ちつつ、新規インフラを構築するのは容易なことではありません。

一つ目の例で、GE-PONは先にイーサフレームをそのまま流すと書きましたが、まさにそこが過去の互換、既存設備維持のためにあります。OLT-ONU間(自宅の光終端装置からNTTの基地局)までが完全なイーサネットですから、自宅にもNTT側にも追加の設備は不要です。ただ右から左に流すだけでルータはデータを扱うことができます。ADSLでもフレッツ光でも自宅の終端装置に繋がった市販ルータに接続情報を入れれば接続ができたはずです。一方、G-PONはGEMフレームを一度ほどき、イーサフレームに変換するため、そのための設備をONU側(自宅)、OLT側(基地局)双方に用意する必要があります。

二つ目の例のPPPoEかIPoEかの違いについても同様です。PPPoEは各ユーザの端末(ルータ)が誰であるか認証して、適切なISP回線網にトンネルするということをするために導入されました。プロバイダ契約をしたらアカウント、パスワードが一式送られてきたと思いますが、NTTはそれによって接続する人がどのプロバイダ回線網に入るべきかを判別していたのです。
かたやIPoEとは、IP over Ethernetですから、何も特殊なことをせずISP回線網とただ繋ぐ、だけです。ではどのように端末からのデータの振り分けをしているかというと、それはISP事業者サイドとその先につながるゲートウェイルータに任されています。ここがまだIPoEが普及していない要因の一つです。
300社以上もあるISPに対して一斉にこのルートを開放すると、行き先の振り分け(ルーティング)の機器にかかる負荷は相当なものになります。加えて、これまでPPPoE終端装置の設備投資をNTT東西に押し付けてきてしまった反省からなのか、設備にかかる費用はこれまでのNTT東西ではなく事業者負担です。そのような事情があり、現状はIPoEを扱う事業者はまだ7社に限られています。

いまだに1Gbps超のネットワークが首都圏と関西エリアの一部に限られているのにはこのような裏話があるようです。

参考資料
http://www.geekpage.jp/blog/?id=2017-7-6-1
http://www.soumu.go.jp/main_content/000514523.pdf

新年早々Mac miniをばらす

2018年はMac miniをreviveすることから始めましたよ。
Mac mini server (Mid 2010)をばらしてSSDに換装。まだまだ現役です!
High SierraのインストールイメージをAppleStoreからダウンロードした後、空のUSB diskをつないで以下を実行してイメージを作成します。

$ sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled --applicationpath "/Applications/Install macOS High Sierra.app"

その後、このUSB diskをつないでブートすると再セットアップが開始します。さくさくになりました!

Ctrl+Shift+Cは”オフィスワーカー”には便利

言わずと知れたワードというオフィスソフトですが、毎日使いよりも、週に何回か、または月に何回か程度の頻度で利用される方も少なくないのではないでしょうか。そういう方々にとって悩ましいのが、インデントがわずかにずれるなどのレイアウトがどうにも整わない現象です。もはやそれは作法のようなものですが、その道にある方が作るワード文書は大変美しいものなのに、なぜ自分のはこうもガタガタなのか…。

とまで深刻にならないとしても、もしこのショートカットキーをご存知ないのであればお試しください。それは

[Ctrl] + [Shift] + [V] と [Ctrl] + [Shift] + [C]

という、よく使うコピペにシフトキーを加えたもの。これによって書式だけがコピペできます。意外と便利です。